職業実践専門課程とは

平成26年4月から文部科学大臣認定の職業実践専門課程が、スタートしました。

平成26年4月から文部科学大臣認定の職業実践専門課程が、スタートしました。

職業実践専門課程は、専門学校(専修学校専門課程)のうち、企業などとの密接な連携により、最新の実務の知識等を身につけられるよう教育課程を編成し、より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組むものを文部科学大臣が認定する制度です。

文部科学大臣が認定し、奨励することで、専門学校における職業教育の水準の維持・向上を行っていくことを目的としています。

職業実践専門課程リーフレット
職業実践専門課程リーフレット-1-(※PDF)
職業実践専門課程リーフレット-2-(※PDF)
PDFの閲覧について

PDFファイルの閲覧には、アドビ社のAdobe Readerなどの閲覧ソフトが必要となります。
PDFファイルがご覧いただけない方は、右記のリンクよりソフトをダウンロードいただき、ご利用ください。

Get ADOBE READER

(外部のサイトにリンクします)

下記の文部科学省サイトにおいて、制度の詳細について説明しています。
文部科学省:「職業実践専門課程」について

職業実践専門課程の認定要件

職業実践専門課程は、文部科学省が定めたすべての要件を満たしてはじめて認定されるため、すべてのコースについて下記のような特徴があります。

  • 企業などと連携して・・・

    カリキュラムを共同で編成

    企業などが参画する「教育課程編成委員会」を設置して、カリキュラムの編成を行います。

    詳細はこちら(PDF)

  • 演習・実習形式の授業を実施

    企業などと連携して、演習・実習などの授業を行います。

    詳細はこちら(PDF)

  • 教員研修の実施で教員の実力もUP

    企業などと連携して、最新の実務や指導力を習得するための教育研修を実施します。

    詳細はこちら(PDF)

  • 学校を評価し、学校・授業の質を向上

    企業など学校に関係する外部委員が参画し、学校の評価を行います(学校関係者評価)。

    詳細はこちら(PDF)

  • その他にも・・・

    HPで情報を公開!授業内容が明確

    学校のカリキュラムや教職員について、HPで情報提供を行います。当サイトのコースを探すからもご覧ください。

    詳細はこちら(PDF)

「専門学校」と「企業など」が密接に連携しているため、最新実務の「知識」「技術」「技能」を身につけることができる!

職業実践専門課程の特徴

「専門学校」と「企業など」が密接に連携する職業実践専門課程は、下記のような特徴があります。

  1. 1.最新動向を踏まえたカリキュラムを学べる!

    職業実践専門課程では、認定要件として、カリキュラムの編成から演習・実習の実施まで、企業などと学校が連携して取り組むため、最新実務の「知識」「技術」「技能」を実践的な方法で学ぶことができます。

    最新動向を踏まえたカリキュラムを学べる!
  2. 2.目指す自分・進路を明確にできる!

    職業実践専門課程として認定された専門学校は、学校のホームページに指定の様式を掲載し、情報提供を行います。

    情報提供の様式には、学校の基本情報や認定要件の実施状況、カリキュラムの概要などが記載されるため、どのような授業が行われるのかがイメージしやすく、目指す自分・進路を明確にできます。
    また、各学校が公開している情報については、当サイトのコースを探すからもご覧いただけます。

    目指す自分・進路を明確にできる!
  3. 3.学校が教育の質の保証・向上に取り組んでいる!

    職業実践専門課程では、企業などと密接に連携し、実践的な職業教育の質の保証・向上に組織的に取り組む仕組みがあります。


    学校が教育の質の保証・向上に取り組んでいる!

もっと詳しく知りたい方へ

8つのジャンルから、事例を調べてみよう

職業実践専門課程の具体的な事例をご紹介します。下記のボタンをクリックすると、当該ジャンルの一覧ページにリンクします。

  • 工業
  • 農業
  • 医療
  • 衛生
  • 教育・社会福祉
  • 商業実務
  • 服飾・家政
  • 文化・教養